BLOG

たかがブラッシング、何がそんなにいいのか。 | 参道&南青山の美容室・美容院radice

たかがブラッシング、何がそんなにいいのか。

2018年1月26日

渡り遥菜

こんにちは!

ジュニアスタイリストの渡りはるなです★

つい先日テレビを見ていたら【髪について】の特集をしていました。

ほとんどの方が何かしら髪について1度は悩まれたことあるのではないでしょうか?

特にまだまだ寒い日が続くと血行が悪くなってしまいますので、肩が凝ったりする方も多いと思いますが、頭皮も同じように凝ってしまっています。

頭の凝りも白髪が生えてくる原因の一つといわれています。

頭皮環境が悪くなっているという意味では髪の毛にとって栄養が足りなくなっている場合もあるかと思いますので、パサツキに繋がっている場合もあります。

※他にも要因はあるのでそれだけが原因とは言い切れません

 

私たちからも頭皮マッサージはした方がいいとお勧めしていますが、

みなさまに癒しを感じて頂きたい私たちにとっては、おうちでも手軽に出来る【ブラッシング】をオススメしています。

 

特に当店ではヘッドスパを始める前にパドルブラシでブラッシングからさせて頂いております。

 

 

ブラシ自体から「育成光線」と「マイナス電子」を放出しています。

遠赤外線の一種である育成光線を最大限生かすために育成光線放射率の高い天然鉱石を216本あるピンの1本1本に限界まで練り込みまれていることで、髪の毛だけでなく頭皮の血行促進を促す役目を果たしています。

グレーのクッション部からはマイナス電子を供給することで、静電気を防止しています。

 

 

ブラッシングのメリット1
髪と頭皮の汚れを落とし清潔にする

日本人は毎日洗髪するのが当たり前になっていますが、昔は髪を毎日洗うことなどありませんでした。だからこそ、髪や頭皮を清潔に保つ為にブラッシングが必要不可欠だったのです。この効果は、現代でもシャンプー前の頭皮ケアに活かされます。洗髪前にあらかじめ汚れを落としておくことで、洗い残しを防ぎ、シャンプーがいつもより少ない量でもあわだつのを感じられると思います。

 

 

ブラッシングのメリット2
頭皮マッサージで血流を促す

ブラッシングによって、ピン先の球体が適度に頭皮を刺激し血行が促進されます。美しく豊かな髪を保つためには、血流を活発にすることが非常に効果的です。髪は睡眠中に育つので、寝る前のブラッシングが特にお薦めです。

また、体も温まり血行がよくなるので安眠効果にも期待できます。

 

ブラッシングのメリット3
油分が毛先に届き髪の保護ツヤUP

頭皮の油分をブラッシングによって毛先に行き渡らせる。これが昔の天然のケアでした。それだけでも基本的には髪にツヤが生まれ潤いも十分に保たれます。トリートメントなど活用するのもいいですが、まずは頭皮環境から見直していくのも一つの髪の毛のケアだと思います。

 

ブラッシングのメリット4
頭から首・肩にかけてのリラックス

硬くなっていた頭皮周りが、ブラッシングによってほぐされていくと、様々な波及効果が生まれます。例えば後頭部や首周りの刺激でコリをほぐし、側頭部への刺激で緊張や重さが和らいで安らぎを促したり、肌にハリが感じられるなど、生活の質の改善に大きく影響します。

 

 

たかがブラッシングかもしれませんが、シャンプー前の習慣になることで、とっても髪の毛は艶やかに生き生きしていくと思いますよ!

ブラシのお取扱いございますので是非お問い合わせください。

 

TOP > ブログ > 渡り遥菜 > たかがブラッシング、何がそんなにいいのか。

SALON INFO

Salon Name radice(ラディーチェ)
Tel 03-6434-5876
Address 東京都港区南青山3-14-2
ラゲット青山2F
東京メトロ 表参道駅 徒歩4分
Copyright © radice
TOPへ